外へ出かけよう! 「Terroirs de France」を片手に、週末はワインピクニックでアウトドアを満喫!

2017.04.10

GWまであと一カ月ですね。今年は長い方で10連休ということで、すでに予定を決められた方も多いかと思います。

この行楽シーズンにMAIAMがおすすめする休日の過ごし方のひとつが、タイトルにもある「ワインピクニック」です!

先日、お花見に合わせてMAIAMチームは、東京ミッドタウンでこの「ワインピクニック」を楽しんできました!

豊かな食とワインをアウトドアで満喫することができ、お花見の場もすっかり大盛り上がり♡

こうやって初対面の人同士が気軽に溶け込むことができるのも、美しい桜に囲まれながらのワインと美食があってこそ!

みなさんの笑いが尽きない、とても楽しいひとときになりました。

今回は、この模様をお伝えしながら、「ワインピクニック」のハウツーをご紹介させていただきたいと思います。

まずピクニックをするときに真っ先に考えるのが、何を持って行こうか・・・ですよね。

「Terroirs de France」のワインは、一杯分ごとにボトリングされているので、持ち運びが簡単で、みんなで複数種類を試飲しやすいのが良いところ・・・!

そしてこのミニサイズだからこそ、すぐ冷やせて外でも美味しく飲めるので、まさにピクニックにうってつけというわけなのです。

この「Terroirs de France」に合わせて、デパ地下などで手軽に手に入るチーズや生ハムなどのアペタイザー、簡単にご自宅で作れるラタトゥイユ、その他ナッツなどのスナック類やいちごなどのフルーツなどを準備すれば、ピクニックセットの準備完了!

当日私たちが用意したものをこうして並べてみると、色鮮やかで、見た目も良し。片手でも気軽につまめるような食材が勢ぞろいです。

まずロゼワインからスタートした私たちですが、この「ワインピクニック」の醍醐味は、なんといってもワインと食材のマリアージュを考えながら試飲&試食すること!

このワインにあった食材はなんだと思う?なんて会話をぜひ、楽しんでみてください。

ちなみに、ロゼワインの素晴らしいところは、意外と色々な食材にマッチすること。写真下のいちごなどのフルーツはもちろん、から揚げ、海老天、焼売などお惣菜ともよく合います。

MAIさんのお気に入りは、「プロヴァンスのロゼに同じく南仏の郷土料理ラタトゥーユを合わせたり、ジュラのコンテチーズとジュラ地方の白ワインを合わせる、といったご当地のもの同士のマリアージュ」だそう。 皆さんにもぜひ自分のお気に入りを見つけてほしいと思います!

今回「ワインピクニック」にご参加いただいたのは、先月コラボレーションイベントをさせていただいたフレンチレストランPortusの方々や、カメラマンさんなど、日頃からMAIAMを支えてくださっているプロフェッショナルの皆さんです。Portusの富樫シェフは、お手製の桜入りブリーチーズを作ってきてくださいました。桜とチーズの衝撃の美味しさが、白ワインと合わせることでより豊かなマリアージュになりましたよ♡

こうやって、参加者みんながご機嫌になれるワインピクニック。外だからと億劫にならずワイン片手に、次のお休みにぜひどうぞ!

Written by Sotoko Ishii